我的北斗七星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月1日福島体育館大会

大田区前の最後の大会、7月1日福島体育館大会の結果について昨日に引き続きあれこれと。
で、その前にワールドプロレスリングを見ていたわけですが、棚橋…
お前その勝ち方はないだろう…
よりによってコーナープレス回避してのスクールボーイか…
そんな情けない勝ち方で勝ち誇らんでくれ…


[7月1日福島体育館大会]の続きを読む
  1. 2006/07/02(日) 03:35:48|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月30日長野運動公園総合体育館大会

6月30日の全日本プロレス、長野運動公園総合体育館大会の試合結果が報じられていたので、それについてちょっとだけ書いてみようかと。
この大会の私なりの考察に、大田区への予想を含めて書いてみました。



[6月30日長野運動公園総合体育館大会]の続きを読む
  1. 2006/07/01(土) 04:52:50|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOAHは…

高山善廣復帰戦が、高山&小橋vs秋山&三沢ってなんだ?
7月の武道館大会、おそらくこれがメインになるのだろうけれど、ドームクラスのカードだなぁ。
GHCヘビー級チャンピオンもいるし、NOAHにこれを超えるメインがあるなら見てみたい。
しかし、どこをどうやったらこんなカードを考え付くやら。
これはちょっと勝敗が読めない。
ひょっとしたら60分フルタイムか?
それとも高山が秋山に勝ってGHCに挑戦か?
あるいは小橋vs秋山の伏線?
こればっかりは勝敗が読めない。
しかし、こんなカードを打ってくるとは…
NOAHはずるいなぁ。
  1. 2006/06/15(木) 23:48:17|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

棚橋

7/17札幌月寒グリーンドームで行なわれるIWGPヘビー級選手権試合の挑戦者が棚橋弘至に決定。
これを見た瞬間に思ったこと。

これで棚橋がレスナーを丸め込んでチャンピオンになったら嫌だなぁ
でも新日だからありそう…


棚橋の試合は数回テレビで見たけれど、あまり印象に残っていない…
覚えているものだけでもあげてみよう。
まずは全日本の2005年1月16日大阪府立体育会館での世界タッグ王座決定戦。
次は同じく全日本での2005年2月16日代々木競技場第2体育館での武藤とのシングルマッチ。
最後が2005年7月18日のNOAH東京ドームでの力皇とのGHCヘビー級選手権試合。
この3回だけれども、特に印象に残っているものはGHCだけ。
世界タッグのときは吉江とジャマールに注目していたから棚橋が印象に残っていないのかも。
武藤との試合も、印象には残っていない。
これを単に私の記憶に残っていないだけと取るか、特に輝けなかったかと取るかはおいておくとする。

さて、残ったNOAHでのGHCヘビー級選手権試合。
これがどういう印象の残り方をしたかというと、

これがGHCヘビー級選手権試合?

新日の月寒大会を休場してまで来てこの試合?
セミですらないとはいえこの試合?
棚橋いいとこないじゃん。
と、悪い点で強く印象付けられました。
スリングブレイドを決めはしたものの力皇をそんなに追い込んだ感はなく、特に沸く場面を作ったわけでもなく。
この後のベテラン達による3試合を若い二人のタイトルマッチで食ってやろうという雰囲気も見られずに。
私の中ではあの試合で棚橋には疑問符がついてしまって、力皇にも少なからず疑問符はついたのですが、結構評価が下がっていました。
その棚橋が挑戦…
正直な話、これで棚橋が戴冠したら新日本はダメだろう、と思うのですが、この後にG1クライマックスが控えていることと噂で聞くレスナーのファイトマネーを考えると棚橋戴冠の可能性もあるのかなぁと思ってしまいます。
そうすればIWGPヘビーのチャンピオンがG1に出ないのかという批判もかわせるし。
でも、ちょっと棚橋はまだそんな格ではないかな、と。
確かにレスナーから3カウント奪えるとしたら棚橋の丸め込みか、中西の野人パワーか、蝶野の老獪さかなぁとはおもうのですが。
それでも丸め込みでレスナーが負けか、と考えるとちょっと……
永田のサンダーデスキックとかも面白いですが。

と、ここまで考えてから気付いたこととしては、これでレスナーが防衛したらG1が挑戦者決定リーグ戦になるのか…
それはちょっと難だろう…
新日はどうするのか、いろいろと目が離せないようです。
  1. 2006/06/08(木) 02:06:01|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4・23

4月23日はたくさん注目の興行、試合があった日。

NOAH@日本武道館
ハッスルハウス@後楽園ホール
ドラゴンゲート@大田区体育館
みちのく東北Jr.トーナメント
新日本NJC長州vsバーナード
K-DOJO@デルフィンアリーナ

でも実は何も見てないで、全部あちこちで聞いた話なんだけれども。

やっぱり最大の注目はNOAH。
秋山vs井上雅央のGHCヘビー、KENTAvs石森のGHCジュニア、あと小橋vs丸藤。
例によって小橋vs丸藤はえらいことになってたようで。
ショートレンジ豪腕ラリアットかわすって…
雪崩式ハーフネルソンスープレックスって……
お前らはバカかと(誉め言葉)
あとは森嶋のスペースローリングボディアタックが見たい。
あの身体でどんなスペースローリングをしたのかに注目。
石森のスーパースターエルボーは不発だったようで。
あれは一見の価値はある(と思う)技なので、是非やってほしかったけれど…
鈴木みのる&SUWAのタッグがどんどん本格的になってきているみたい。
これも面白そう。
鈴木みのるのタッグと言えば、チャンピオンカーニバル中にMAZADAと組んでたが、それが見たかった。
あの小島vs鈴木みのるよりはよっぽど……
メインのGHCヘビーはどうだったのか、雪崩式スクールボーイなんかも繰り出していたみたいだが。
この武道館はいずれG+で何回かに分けて放送されるかと思うんで、その時に見たい興行。

ドラゲー大田区はすごかった…のかなぁ。
ドリームゲートが斎藤了から横須賀亨に移動。
斎了は随分短期の王者。
でも横須賀って言うのも…う~ん。
ブラッド分裂はCIMA&フジイが負けの模様。
しかし、今度は吉野&土井&谷崎&Gammavs望月&マグナム&CIMA&フジイの試合が決定したとか?
望月&マグナム&CIMA&フジイって、何ですかこのメンバーは。
この流れは世代闘争の方向なのかなぁ。
吉野は無難にブレイブゲートを防衛した様子。

ハッスルハウスに言いたいことは、ゴモラ(モーガン)。
全日本とハッスルの掛け持ちはOKとして、大事に使ってください、と。
そのゴモラはソドム(ジンドラック)とのタッグでソリッドシューターも決めた模様。
スポナビの速報では合体パワーボムとなっていたけれども、本来は「モーガンがスパインバスターの体勢で抱えあげた相手の胸(or顔面?)にジンドラックがドロップキック」というシロモノ。
WWEのRAWにいた頃にギャリソン・ケイド(現ランス・ケイド)とジンドラックが組んでタッグ戦線を荒らしていた頃に使っていたフィニッシュ。
初披露はいつだったか…HEATで、使い続けてしばらくした頃に実況のアル・スノーが「ソリッドシューター」と命名。
この時のジンドラックの跳躍力とドロップキックのフォームの美しさに惚れ惚れしてからジンドラックには注目していたのですが、新日本であのモーガンとソリッドシューターを決めたのを見て本当に驚きました。
お前はそんな高さまでドロップキックできるのかと。
で、今ちょっと新日本にジンドラックが参戦していた頃の試合結果をあさったらジンドラック負けてる負けてる……
中西のヘラクレスカッターで負け、吉江のダイビングボディプレスでまけ、蝶野のシャイニングケンカキックで負け、中邑の逆十字で負け、棚橋の首固めで負け、天山のTTDで負け……
勝ったのはシングルで西村と、しかも首固めでの勝利。
マーク・オブ・エクセレンスはどこにいったんだ…

で、その新日本のNJCは、長州vsバーナード、永田vs石井。
準々決勝のカードで、バーナードと永田が勝利。
しかし、バーナードは長州にブレーンバスターで投げられた、って長州にブレーンバスターで?
それはちょっとアレだろう、と思ったり。
フィニッシュはジャックハマー
なんでジャックハマー?
初披露かな。
ボルドーボムでもリバースボディスプラッシュでもなくジャックハマー
いきなりのジャックハマーの理由はなんだろう?
長州の受身に問題でもあったのだろうか?

みちのくの東北Jr.トーナメントはどうなったのか、公式発表もないので不明。
東北タッグはサスケ&ディック東郷組から新崎人生&GAINA組に移動。
しかし、GAINAが返上しみちのく離脱宣言?
タイトルマッチでタイトル奪取して返上って……
なんでタイトルマッチやったのさ……

K-DOJO@デルフィンアリーナはまたまたザ・ハンサム・JOEが締めた模様。
個人的に試合結果を見て「ほほぅ」と思ったのは、第1試合。
タッグマッチで大石&旭vsPSYCHO&TAKUみちのくのフィニッシュ。
大石がドラゴンスープレックスホールドで勝利。
軽量級の大石と旭、旭には阿吽があるものの、大石にはコレといった技のイメージが無かった(私には)ので、このドラゴンをきっかけにもう一度Kタッグを奪還できるぐらいまでには再浮上してほしいです。
しかし、大石と旭には全日本のJrタッグリーグに出てきてほしかったな。
TAKAはまたエキシビジョンマッチやったのかな。
5・7のカズと組んでの復帰が楽しみ。
千葉に行こうかな。

まぁ、今日はこんな感じで。
しかし、NOAHはすごいなぁ…

(バーナードと長州は身長差かなりあっただろうな)
(しかし、バーナードの次の相手は中西っぽい…また中西とやるのか)
  1. 2006/04/24(月) 03:57:27|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

夢進


みやまん

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

セガストア
iconicon
iconicon
iconicon
セガ公式サイト

価格.com ブロードバンド
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。