我的北斗七星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Kaori

気がついたらすごく久しぶりの舞踏。
そうか…8日も介入していないのか……
第6世界ではだいぶ時間がたってしまっただろうな。
みんな無事だろうか?

不在中の24日23時間30分を再生開始

8月8日 アマゾネスで450万人が死亡
8月9日 ネーバルウィッチと冥王星間で戦闘開始
8月11日 地球が金星を占領
8月12日 ユートピアで210万人が死亡
8月14日 火星解放戦線が非合法化
8月14日 月艦隊がアキダリアを占領
8月14日 アキダリアで独裁開始
8月16日 アキダリアで920万人が死亡
8月21日 アルカディアで370万人が死亡
8月25日 アキダリアで90万人が死亡
8月29日 アキダリアで420万人が死亡

2252年9月2日4時29分
舞踏再開



大量の知類の死亡やら戦闘開始やら非合法化やら占領やらでちょっと気が滅入るな。
マイトはまだ派遣任務中か。
でもそろそろ帰ってくるだろう。
タキガワからマイケルへの友情、性愛、親愛がいい感じに上がっている。
マイケルはなんだかミズキへの友情と親愛が高いな。
この2人の間に何かあったのだろうか。
タキガワからマイケルへはそれなりに思いがあるのに逆は全くない。
友情も性愛も親愛も嫌悪も大してない。
頑張れタキガワ。
マイケルに振り向いてもらえる日まで。
特にくっつけようとしているわけではないが。
強いて理想とするなら希望の戦士、マイケル、タキガワで『タッチ』。
あるいは5121小隊3馬鹿トリオの再現。
……ダメだ。
『タッチ』ではタキガワが戦死してしまう。

アマゾネスでの450万人の死者とやらは保守本流による虐殺事件だったようだ。
その後のアキダリアでの合計1430万の死者も保守本流による虐殺事件。
火星の人々が減っていく……

幸いにして夜明けの船が停船している近海に敵艦隊はいないようだ。
スイトピーを探そう。
後部女子トイレ前でスイトピーに遭遇。
尊敬宣言をされた瞬間マッサージをねだられた。
そ、尊敬……

マッサージの際はオシリを揉むことにしている希望の戦士。
それは例え相手が13歳の少女であっても変わらない。
例え13歳の少女であっても………
マッサージ後の希望の戦士の微笑みは一体何を意味するのであろうか。

マッサージを終えて航海状況を確認すると、敵艦隊が接近しているではないか。
希望号の元へ急がねば。
久々に会うタキガワ。
久々に会うマイケル。
久々に会う希望号。
相棒の調子は上々。
予想通りに第1種戦闘配置が発令される。

敵艦隊は僅かに3隻。
次々に魚雷を発射してくるが、たいした敵ではあるまい。
先にタキガワが1隻撃墜。
こちらも急旋回しつつ剣鈴で敵艦に斬りつける。
久々の敵艦撃墜。
最後の1隻はBLが撃墜。
簡単な戦闘だった。

夜明けの船は一番近い都市船、マリネリスに向け移動を開始した。
そうだ。
すっかり忘れていた手紙をとりに行こう。
酒保から連絡があった。
地球に行っているマイトからの手紙だった。
観光をだいぶ楽しんでいるらしい。
任務、ちゃんとやっているんだろうな。

ついでにアイテムを確認してみたら水測科BALLSがあった。
そういえばサウドに渡すために買ったような……
渡しに行こう。
寝てたら、起きるまで待ってでも渡してやろう。
サウドはポイポイダー、ミズキ、スイトピーと相部屋である。
従って、シフトがサウドと同じスイトピーは大概サウドと同じ部屋で寝ている。
毎度の事ながらちょっと不愉快な希望の戦士。
サウドをどこか変な部署へ更迭してやろうか、と思う。
実際水測69しかないし。
思ったとおり、2人とも部屋で寝ていた。
仕方がないので起きるまでいろいろして時間をつぶす。
とはいえ、そう簡単に起きるはずないよなぁ…と思っていたらスイトピーが起きてきた。
そこでマイケルが自分に感謝しているようだと話す希望の戦士。
もうちょっと相手を考えて話題を選べ。
サウドは……まだ起きないのか……
しばらくしたら起きてきて素直に受け取ってくれた。
ちゃんと水測してくれよ。
では、都市船へ行こう。

都市船でスイトピーに渡す目的で万能BALLSを買った。
そうしたら偶然にも公園でスイトピーに会った。
ちょっと会話を楽しんでから、せっかくなのでデートに誘う。
高級レストランでデートをした。
なんとカップルへのサービスデーでメモリアルケーキがついてきた。
大満足した。
素直に、高級レストランのパティシエに賛辞を送る。

作戦会議でアルシアに陸戦部隊と政治家を上陸させてTV局を制圧することが満場一致で採択された。
敵艦隊の襲撃に備え、すぐに発進できる状態で待機する。
警報が鳴る。
乗組員の動きがあわただしくなった。
出撃命令は出ていないが、発進する。

簡単な戦闘だった。
そうこうしているうちにアルシアに着いた。
陸戦部隊の戦果に期待しよう。






まさかこんなに早く別れが来るとは。
カオリ・サザーランド。
いや、田代香織。
TV局の制圧に陸戦部隊は失敗した。
戦死したのは、彼女を含めて10名。
250年待ち続けた香織を失った。
250年も……

夜明けの船は火星の海で航海を続ける。
たとえ1人の仲間が船を去ったとしても。
マイトへの手紙に現況を記した。

田代香織、2252年9月5日、没。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/17(土) 17:11:07|
  2. 第6世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプNo.3 | ホーム | W.H>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theplough.blog15.fc2.com/tb.php/82-0b277184

夢進


みやまん

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

セガストア
iconicon
iconicon
iconicon
セガ公式サイト

価格.com ブロードバンド
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。