我的北斗七星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界最強タッグ決定リーグ戦 その1

さて、いよいよ本日11月20日より世界最強タッグ決定リーグ戦が始まりました。
今日から12月3日の長岡大会までの9戦で総当りとなるリーグ戦を行い、12月5日の大田区大会にて優勝決定戦が行われます。

参加するチームは全10チーム。
それがA、Bの2ブロックに5チームずつ分かれてリーグ戦を行います。
Aブロックの参加チームは
太陽ケア&ジャマール
武藤敬司&曙
TARU&ジャイアント・バーナード
嵐&AKIRA
本間朋晃&諏訪間幸平
そしてBブロックは
小島聡&カズ・ハヤシ
佐々木健介&中嶋勝彦
ブキャナン&ディーロウ・ブラウン
ババ・レイ&ディーボン
近藤修司&“brother”YASSHI
です。
しかし、直前になって本間選手が負傷したことにより、諏訪間選手のパートナーは雷陣明選手となりました。

この世界最強タッグ決定リーグ戦についてちょっと予想をしてみようと思います。




さて、今回は全チームが曲者となっています。
Aチームを見ると、前年度覇者にして世界タッグ王者でもある太陽ケア&ジャマール組、第64代横綱とプロレスリング・マスターの武藤部屋、TARUとバーナードのVMの凶悪コンビ、熟練の技をお互いが備えた嵐&AKIRA組、そして昨年のリベンジに燃える必殺のスープレックスを持つ諏訪間組とそれぞれが非常に強力なタッグとなっています。
一方のBチームも元世界タッグ王者にして前々回優勝チームのコジカズ、現アジアタッグ王者にして家族の絆で結ばれた健介ファミリー、RODのテクニシャンと凶暴男のコンビであるブキャナン&ディーロウ組、来日してからいまだ無敗にして世界最高峰のタッグチームであるチー3D、反則攻撃ならお手の物であり抜群のコンビネーションを誇る近藤&YASSHI組となっています。
優勝チームを予想するのが非常に難しいのですが、あえて思い切って各ブロックの優勝チームを予想するならば
Aブロック優勝チーム:武藤敬司&曙組
Bブロック優勝チーム:ババ・レイ&ディーボン組
でしょうか。
やはり武藤部屋は曙選手と武藤敬司選手という非常に強力な存在同士がタッグを組んだというだけで、優勝に一番近い位置にいると思います。
また、チーム3Dはアメリカメジャー団体をはしごしたその経験と実力を遺憾なく発揮しての優勝を果たすと思います。
両チームともに全勝でのリーグ突破も可能なのではないでしょうか。
そして、今年の優勝チームは武藤敬司&曙組であると私は予想します。
確かにチーム3Dも非常に強力ですが、必殺技の3Dを武藤選手はそう簡単にはくらってくれないでしょうし、曙選手に3Dをかけることはできないでしょう。
一方の武藤部屋は投げではなく打撃系のシャイニング・ウィザードを必殺技とする武藤選手と超巨体の曙選手ですから攻撃面は万全だと思います。
唯一の不安は曙選手のスタミナですが、それも19日の試合を見る限りではだいぶ改善されてきているようですのである程度長い試合となっても耐えられると思います。
と、いうわけで私は武藤敬司&曙組が優勝すると予想しました。

さて、そのリーグ戦の開幕戦である今日ですが、Aブロックからは嵐&AKIRA組VS諏訪間&雷陣組、武藤敬司&曙組VS太陽ケア&ジャマール組、そしてBブロックからは小島聡&カズ・ハヤシVSババ・レイ&ディーボン組という豪華カードが組まれています。
まず手始めにこの3試合を細かく予想してみようと思います。

まず、ひょっとしたらこの文章を書いている時点で終わってしまっている可能性が高い(汗)嵐&AKIRA組VS諏訪間&雷陣組からです。
まだタッグを組んで間もない嵐組と、同期の諏訪間組です。
タッグとしてのチームワークのよさは諏訪間組に凱歌が上がるでしょう。
しかしベテランコンビである嵐選手とAKIRA選手ですから、その経験からくる動きで諏訪間組のチームワークに対抗してくるかもしれません。
また、若い諏訪間選手と雷陣選手では二人の経験をあわせても嵐選手とAKIRA選手には遠く及ばないであろうという点を考えると若干嵐&AKIRA組が有利でしょう。
この差が勝敗を分けるのではないでしょうか。
確かに諏訪間選手のスープレックスは一撃必殺の破壊力を持っていますが、タッグマッチでは相手にカットをさせないためにパートナーの動きが大事になってきます。
その点で考えると、ベテランコンビのほうが有利でしょう。
私の予想:嵐&AKIRA組の勝利

さて、続いては武藤敬司&曙組VS太陽ケア&ジャマール組です。
19日の代々木大会のシングルマッチで2連勝し、いい気持ちで開幕戦に挑んでいるであろう武藤部屋です。
その武藤部屋が前日に引き続き勢いで勝利するのではないかと見ています。
ケア&ジャマール組は武藤選手を狙ってくるでしょうが、武藤選手の上手さが自分が簡単に相手に捕まるのを許してはくれないでしょう。
上手くケア&ジャマール組の攻撃を武藤選手がそらしつつ曙選手が攻撃するという流れで勝利するのではないでしょうか。
私の予想:武藤敬司&曙組の勝利
ここでケア&ジャマール組が勝利しようと思ったらいかに曙選手をリング内に入れさせないかが勝負になるでしょう。

最後は小島聡&カズ・ハヤシ&ババ・レイ&ディーボン組です。
最初に私の予想を述べてしまいましょう。
私の予想:時間切れ引き分け
というのも、チームワークでは圧倒的にコジカズをチーム3Dが上回っているでしょうが、三冠王者小島聡がコジカズにはいます。
確かにチーム3Dは強力ですが、小島選手はもっと強力ではないだろうかと思います。
2対1の状況に持ち込まれては小島選手が不利でしょうが、1対1ならば小島選手が負けることはないでしょう。
まして、王座を防衛した直後で小島選手は精神的にものりにのっている状態なのではないかと思います。
そして3Dに匹敵する破壊力を持つ小島選手のラリアットがあればいかにチーム3Dと言えども勝つのは難しいのではないでしょうか。
チーム3Dのチームワークと3Dの破壊力、小島選手とその豪腕の破壊力を私の頭の中で天秤にかけてみましたが、ここは両者互角、引き分けだろうという判断にいたりました。
これが正解するかどうか、楽しみです。

できることならば、この世界最強タッグ決定リーグに関してはこれから毎回このように簡単にでも予想していこうと思っています。
私の予想、当たるかな~。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/20(日) 14:19:13|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<築地 | ホーム | THE UNCHAINED WORLD 試合結果>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theplough.blog15.fc2.com/tb.php/53-445fbf95

夢進


みやまん

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

セガストア
iconicon
iconicon
iconicon
セガ公式サイト

価格.com ブロードバンド
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。