我的北斗七星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロンドン同時多発テロ

ロンドンで同時多発テロが発生しました。
これにより、2人が亡くなり、200人以上もの人が怪我を負われたようです。
このテロはサミットの開催に合わせて実行に移され、ロンドン市内の地下鉄やバスで爆発物による被害がでています。
犯行声明を出した「ヨーロッパのアルカイダ」は果たして何を考えてこのテロを計画、実行したのでしょうか。
無実の市民たちを標的にしたこのテロは卑怯であり、許すことのできない悪です。
このテロに対し、サミットに出席していた各国首脳は参加者全ての総意として声明を発表し、それを代表してイギリスのトニー・ブレア首相が読み上げ、ブレア首相は直ちにロンドンへと戻りました。
これはサミットに出席した各国がテロを許さないという立場を改めて世界中に示したことになります。
このことで「ヨーロッパのアルカイダ」は全世界から敵対される存在になりました。
どのような国が彼らを支持することも協力することもしないでしょう。
たとえどのような主張を持っていようと、テロは許されざる悪事です。
このテロを機に、世界中の国々と、その人々がテロに対して断固たる姿勢をとり、断固たる意思を持って立ち向かっていくでしょう。
今回のテロに触発された人間が明日にも東京でテロをおこすかもしれません。
この数日の間、世界中の主要都市でテロが発生する危険性が高まるでしょう。
しかし、例えどのような被害を受けたとしても、テロに屈する国はないでしょう。
これ以上、ロンドン同時多発テロでの犠牲者が増えないことと、亡くなられた方のご冥福を祈ります。
私はテロを許しません。
私はテロに対して戦っている人々を応援します。
45人の方の死亡が確認されたようです。
ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/07(木) 23:08:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<SEED DESTINY PHASE-38 新しき旗 | ホーム | 紅茶王子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theplough.blog15.fc2.com/tb.php/5-18364c40

英同時多発テロ

七夕に短冊に愛と平和の願いを・・・その矢先の出来事だった。 英同時多発テロ。ロンドンに衝撃が走った。アルカイダも必死なわけで・・・。これが、宗教戦争の恐ろしさ。たかが、宗教、されど、宗教。信じるものは、引継がれ、消滅しない。信じるという力
  1. 2005/07/10(日) 19:50:12 |
  2. aRt de ECO [アール・デ・エコ]

夢進


みやまん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

セガストア
iconicon
iconicon
iconicon
セガ公式サイト

価格.com ブロードバンド
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。