我的北斗七星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウルトラマンメビウス DVD 1巻

遅まきながら、ウルトラマンメビウスのDVD1巻をレンタルしてきました。
私は割合終盤のウルトラマン80客演回から見始めたので、最初のほうなんかは実は全く見てないのです。
一応見始めたときから知識として最初の頃の話は知っていましたが、やはりここは見てみないと始まらない、と思いレンタルしてきました。
この1巻には第1話の「運命の出逢い」から「俺達の翼」、「ひとつきりの命」、「傷だらけの絆」までが収録されています。
さて、では簡単に話を紹介し、ついでにちょっと感想を書いてみようと思います。


第1話「運命の出逢い」

出現怪獣:宇宙斬鉄怪獣ディノゾール

M78星雲にある光の国。
そこで若いウルトラマン、ウルトラマンメビウスが兄弟達に祝福されながら、ウルトラの父にかけがえのない星地球への赴任を命ぜられます。
地球に来て早速、メビウスことヒビノ・ミライは女の子が飛ばしてしまった風船をつかまえて返してあげます。
「ありがとう」という女の子の言葉を繰り返すミライ。
その後、ミライは街を見下ろす丘の上で「ウルトラ五つの誓い」を叫んでいる男、GUYS隊員アイハラ・リュウと出会います。
2人で五つの誓いを叫び、意気投合した後でミライは謎の女に襲われます。
女の正体を問うミライに何も答えずに女は異空間へと消えてしまいます。
一方GUYSには緊急連絡が入り、この四半世紀出現していなかった怪獣が宇宙から地球へと向かっていることが判明します。
この知らせを受けたGUYSは出撃、宇宙空間で怪獣ディノゾールを迎撃しますが、ムチのように繰り出される高速振動舌でリュウの登場したセリザワ隊長機以外は撃墜。
残ったセリザワ隊長はリュウを脱出させ、自分は機体もろともディノゾールへ特攻してしまいます。
しかし、そのセリザワ隊長やGUYS隊員の犠牲もむなしくディノゾールは地球に到着。
体中から発射するロケット弾で街を破壊しつくします。
破壊される街から逃げまどう人の中、保育園児が大切に育てていたウサギを救うために逆行する人たちがいました。
それが後に隊員となるコノミ、テッペイ、マリナ、ジョージの4人。
その場に居合わせたミライと4人はウサギを救出するもディノゾールの舌に襲われますが、マリナの聴覚とジョージの動体視力でそれを回避し、無事に避難します。
一方のミライは一人残り、ウルトラマンメビウスへと変身します。
避難した人々の間からはウルトラマンに対する驚きの声と、応援が。
ロケット弾と舌に苦しめられながらもメビウスはメビュームシュートでディノゾールを倒します。
しかし、戦いに慣れていないメビウスはディノゾールとの戦いで街を大きく破壊してしまいました。
メビウスの耳に届く、街を守ろうとせずに戦ったメビウスへの非難の声。
地球を守るためにミライはGUYSへと入隊します。
新たな隊長となったサコミズ・シンゴ、そしてリュウと三人のGUYS。
ここに新たなるウルトラマンの戦いが幕を開けた。


しかし、見た人は驚いたでしょうね。
いきなりウルトラの父を始めとしてさりげなくマンからレオ、80までのウルトラ兄弟に加え、アストラやユリアンまで顔を見せているのだから。
結局ユリアンはこのシーン以外の登場はなかったのですが……
アストラも最終話で登場したものの、あれはスーツだったのかCGだったのかちょっと判別がつかない…
話としては大急ぎでのキャラクターの紹介と、当面の敵となる謎の女の脅威、そして新しいウルトラマンとその未熟さを描いています。
まずかつてのウルトラマンと違うのは、ウルトラマン自らが仲間を集めること。
かつてのウルトラマンたちは地球防衛チームの一員と同化したり、チームに入隊したりしていましたが、自分でメンバーを集めるウルトラマンは初めてではないでしょうか。
しかし、人間大での戦闘シーンが入ると急に平成ライダーっぽくなってしまうのはちょっと……
巨大ヒーロー=ウルトラマン、人間大ヒーロー=仮面ライダーという刷り込みなのでしょうか…
1話としてはなかなかだと思います。
まぁ、ツッコミどころとしてはジョージの流星シュートは人間には放てないだろ、と。
あと謎の女恐いよ、と(笑)



第2話「俺達の翼」

出現怪獣:地底怪獣グドン

突如確認された東京地下の電波異常。
ディノゾールに続く怪獣の出現かもしれない、そう感じたミライはメンバー集めに奔走します。
コノミ、ジョージ、テッペイ、マリナ。
しかし皆乗り気ではありません。
ジョージはウルトラマンがいるから防衛チームに入る必要なんかはないとまで言い放ちます。
リュウは三人のGUYSで地球を防衛していくことを決意。
新に配備されたガンフェニックスに炎のエンブレムを書き入れ「俺達の翼」として運用していこうとします。
そこに、ミライの度重なる説得により4人がやってきます。
ミライとリュウをあわせ、6人で記念の寄せ書きをし、炎のエンブレムを完成させたところに怪獣出現の報せが入ります。
現れた怪獣は地底怪獣グドン。
ドキュメントMATに出現の記録がある怪獣です。
今回だけとマリナやジョージたちは俺達の翼で一緒に出撃することに。
しかし、グドンのムチに俺達の翼は苦戦、トリヤマ補佐官に過去に地球にやってきた異星人たちの技術を使った超兵器メテオールの使用の許可を求めます。
しかし、隊員でもない一般人が搭乗している事を理由に渋る補佐官。
それを聞いたマリナとジョージは正式に隊員となることを宣言、メテオール発動の許可が下りました。
メテオールによりグドンを圧倒するGUYSでしたが、1分間のメテオールの使用制限により再び劣勢となってしまうGUYS。
メテオールの超機動によりマリナは気を失い、リュウたちにグドンのムチが迫る。
その時、ミライはメビウスに変身しリュウたちを救います。
グドンのムチを捉え街とは反対の方向に移動するメビウス。
それを見てリュウはメビウスが街を破壊しないようにしていることに気付きます。
リュウの援護もあり、メビウスはメビュームブレードでグドンを倒すことに成功。
こうしてサコミズ、ミライ、リュウ、マリナ。ジョージ、テッペイ、コノミによる新たなるGUYSが誕生しました。

前話の次回予告を見た人はビックリしたでしょうね。
帰ってきたウルトラマンに登場したグドンが再登場。
過去のシリーズからの最初の再登場怪獣です。
ウルトラ五つの誓いといい、グドンといい、今後出てくるツインテールやサドラ(複数)といい、怪獣使いの遺産といい、作品としての帰ってきたウルトラマンが結構優遇を受けているように感じます。
その反動か、帰ってきたウルトラマンことウルトラマンジャックは客演時にはちょっと微妙な扱いでしたが。
郷さんがすごくいいこと言っていただけに尚更ちょっと残念。
それはおいといて、俺達の翼。
こういうセンスは大好きです。
個人的に炎のエンブレムが加えられた瞬間からガンフェニックスは正式名称が「俺達の翼」になったと認識しています。
例えていうならザクに対するシャアザクのような(違)



第3話「ひとつきりの命」

出現怪獣:火山怪鳥バードン

突如噴火した火山の中に確認された全長60mほどの巨大な物体。
その正体を突き止めるために出撃したGUYSは山の中で奇妙な植物の立ち枯れを目にします。
そこに現れた火山怪鳥バードン。
ドキュメントZATに確認されたバードンはウルトラマンタロウを一度は死なせた怪獣。
しかし、メビウスやGUYSは立ち向かい、勝利しなければなりません。
ミライはメビウスに変身しバードンに戦いを挑みますが苦戦し、バードンの毒を注入され負けてしまいます。
バードンは山の中から太平洋へと去りますが、メビウスは消滅しミライは毒で倒れてしまいました。
毒で苦しむメビウスを見たテッペイは「ウルトラマンは生物であり、不死身ではない」と結論を下します。
徹夜で過去のドキュメントを検索したテッペイは過去にもウルトラマンが死亡した例を発見、しかし死亡したウルトラマンは復活しており、それでは不死身みたいなものだとジョージは言います。
しかし、それは不死身ではなく奇跡的なことであるとミライやサコミズ隊長が否定。
そこにバードンが再び日本へ飛来しているとの報告が入ります。
毒を受けたミライに変わりテッペイが志願してガンフェニックスに乗り込みます。
太平洋上でメテオールを使いバードンを迎撃する中で、テッペイはスペシウム弾頭弾でバードンの毒袋の静脈を攻撃、バードンの毒でバードンを倒そうと作戦を立てますが、メテオールの制限時間により作戦は失敗。
バードンは再び日本へと上陸し、近くの漁村を破壊します。
それを本部で見たミライは無理を押してメビウスへと変身。
弱り、カラータイマーが点滅した状態でありながらバードンと再び対決します。
メビウスはバードンに苦戦するも、GUYSによる毒袋の静脈への再攻撃も成功し、援護を受けながらバードンを倒しました。
「ウルトラマンも一人で闘えるわけではない」と気付き、GUYSに語りかけます。
メビウスと協力して地球を守り、一緒に戦うことを決意するGUYS。
そのGUYSの仲間達と戦っていく決意をするミライ。
ウルトラマンと地球人の絆がまた一つ、強くなりました。

グドンに続きバードンが出現。
タロウのみならずゾフィーまで倒した強敵。
タロウはともかくゾフィー隊長逃げてー!
頭が燃える!!
……あれは現場の人たち焦ったろうなぁ(苦笑)
バードンの嘴の両脇の袋は毒袋ということが新たに判明。
なるほど、その毒でタロウもゾフィーもやられたわけですな。
頭が燃えたから負けたという定説が覆されてゾフィーも安心したことでしょう。
しかしあのバードンの毒袋の造形は……いや、何も言うまい。
ちょっとシナリオの展開的に無理がある展開だったかなぁという感じがします。
あっさりと失敗する作戦とかはちょっと……
テッペイの家のメイドの名前が「モエ」っていうのはともかく、ミニスカメイドっていうのはちょっと……
メイドさんはロングスカートしか認めません!(断言)



第4話「傷だらけの絆」

出現怪獣:宇宙凶険怪獣ケルビム、マケット怪獣ミクラス

トリヤマ補佐官の発案によりメテオールを利用して怪獣を作り出し、それをマケット怪獣として運用する計画のテストが山の中で行なわれていた。
マケット怪獣に選ばれたのはミクラス。
かつて怪獣頻出期にウルトラセブンと共に地球を襲う怪獣や異星人と戦い、人間に友好的であると見られていた怪獣だ。
しかし、テストはイマイチ成功とは言えない結果に終わってしまった。
どうにかコノミのいうことを聞き、頑張ろうとするところが見えたのが関の山であった。
マリナがテストでのアクシデントで怪我をしてしまい、代わりにコノミがガンフェニックスで出撃することに。
しかし、ケルビムの火球や尻尾を使った攻撃で街は破壊され、急遽実戦に投入したミクラスも怯えてやられてしまい被害は拡大。
コノミはケルビムへの恐怖から逃げてしまう。
そうしている間にケルビムは日本海へと移動し潜伏。
敵前逃亡し叱責された上に、ミクラスの失敗の責任を感じ落ち込むコノミ。
プールサイドで落ち込むコノミに、ミライは勇気の出るおまじないを教える。
ミライがコノミに教えたおまじない、それはまるでウルトラセブンの変身するポーズのようであった。
「私はGUYSに必要ないのか」と落ち込むコノミに、ミライはメビウスの初陣のことを話し、メビウスよりも短い時間の中で戦おうとするミクラスに勇気を感じたと言い、コノミを励ます。
一方本部では遠距離では火球で、近距離では尻尾での攻撃を行なうケルビムへの対策を考えているが、コノミにミクラスを励まし至近距離で戦わせてもらうしかないという結論に達する。
傷心のコノミはかつて勤めていた保育園を訪れるも、子供達の期待に押しつぶされそうになり、そこからも逃げ出してしまう。
しかし、コノミを追いかけてきたGUYSのメンバーからの支えで自分が必要とされていること、自分とミクラスが頼りにされていることを強く感じる。
そこへ再びケルビムが襲来。
コノミはミライに教えてもらったおまじないで勇気を取り戻し、ミクラスを出現させる。
コノミの決意を感じ取りケルビムと戦うミクラス。
そのミクラスを助けるためにミライはメビウスへと変身する。
1分の制限時間が過ぎたミクラスから戦いを受け継いだメビウスはケルビムの尻尾の長さを逆手に取り有利に戦いを進めるが、ケルビムの角により攻撃を受けてしまう。
メビウスを追い詰めたその角を破壊したのはコノミだった。
ひるんだケルビムをメビウスはメビュームブレードで倒す。
怪獣撃退には成功したが、ミクラスは改良の余地ありとしてコノミの反対むなしくGUYS本部に回収されてしまった。
コノミはメビウスが自分に何かを語りかけていたように感じた。
それをミライは「ありがとう」という言葉だろうと伝える。
「ありがとう、君のおかげで今日は4分間闘えた」

そうか、ミクラスは可愛いかコノミよ……
まぁ、見ようによっては確かに可愛いかもしれん。
不細工というジョージのセリフのほうが的確という気はするが…
しかしミクラスは何とも言えん…
リュウの指示で走れば岩に躓き派手に転倒、ジョージの指示で岩をシュートしようとすればからぶって再び転倒。
テッペイは岩陰で鳴き声で威嚇するのを見て満足していた(これはテッペイの問題か)し、マリナはミクラスにつかまってしまい怪我。
これじゃあな…
トリヤマ補佐官のセリフに反応したり、つぶらな瞳や怯えて足がプルプルしてるところや、やる気を出して瞳に火が宿るミクラスは可愛かったが。
でも1分じゃなぁ…
一回使うと充電に10分かかるし、これじゃあやっぱり本格的に運用するにはメテオールの制限時間にそもそも無理があるんじゃないかと。
個人的にコノミと一緒に逃げるミクラスと時が止まったGUYS本部が面白かったです♪
うん、ミクラス可愛いじゃん。
「ありがとう、君のおかげで今日は4分間闘えた」
この言葉はコノミだけじゃなく、ミクラスにも贈られた言葉なのでしょう。



映像特典として収録されていたのはノンテロップオープニング、メビナビ、CATCH THE MEBIUS 1 <新ヒーロー始動!>、キャストインタビュー 1 <ヒビノ・ミライ役:五十嵐隼士>とメビウス製作発表会の様子。
正直メビナビがなかったらどうしようと思ってたので一安心。

今度は2巻をレンタルしてくる予定でいます。
誰も借りていなければ…
そのときはまた記事にしてみようと思います。


スポンサーサイト
  1. 2007/04/18(水) 04:33:07|
  2. 特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤マルジャンプ 2007 SPRING | ホーム | ソフビ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theplough.blog15.fc2.com/tb.php/175-f16feebc

夢進


みやまん

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

セガストア
iconicon
iconicon
iconicon
セガ公式サイト

価格.com ブロードバンド
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。