我的北斗七星

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うさぎ島 2 呉&江田島編

朝食はホテルの最上階で。
晴れているわけではないが遠くまでよく見えた。
山の方は霞んでおり、そのうちに小雨が降り始めた。




どうやらホテルに「帰ってきたウルトラマン」で郷隊員を演じた団次郎氏がいたらしい。
サインしてもらうなり一緒に写真取って貰うなりしてもらえばよかったかも。

マツダレンタカーで借りた車はデミオ。
ちょっと小さかったか。
ハンドル、アクセル、ブレーキがいつも乗っている我が家の車よりちょっとシビアか。

広島呉道路を通り呉へ。
900円かかった。
最後の数キロが700円。
最後は一般道でも良かったかもしれない。

大和ミュージアムは火曜日が休館日なので、隣りの大和波止場に行ったり、中の大和の模型を外から覗いたり、入口脇の戦艦・陸奥の主砲を見たりしていました。
すごく風が強くて吹き飛ばされそうでした。
ここだけはもう一度今度は中を見に行こうと思います。

さらに車で江田島へ向かって行く途中、海上自衛隊の潜水艦波止場を通る。
遠くに潜水艦が浮かんでいるのが見えた。
甲板上で自衛官が働いているのや、掲げてある日章旗も見えました。
それから海岸沿いに車を走らせ、大きな橋を二つ越えて江田島に行きました。
江田島は「えだじま」ではなく「えたじま」とは知らなかったです。
あの塾長が「えだじま」なのでずっとそうだと思っていました。
結構行くまでに時間が必要でした。
正直、あんなに遠いとは…

旧帝国海軍江田島兵学校は現在海上自衛隊学校となっています。
敷地内には歴代の海軍大将に関する資料や、海軍関係の資料、神風特別攻撃隊隊員の遺書などを展示してある資料館があり、見学ツアーが行われていました。
その中には、東郷平八郎元帥の遺髪室もありました。
実は1時過ぎに到着したのですが、1時からはじまっていた見学ツアーに途中からですが参加させてもらえました。

自衛隊内部のレストランで遅い昼食を。
海軍ならばやっぱり、とカレーを。
橋袋に海上自衛隊内と印刷してあったのが印象的。
それから売店へ。
Tシャツがたくさんありました。
制服も置いてありましたが、さすがに隊員にしか売らないと断り書きがしてありました。
いろいろあったのですが、自衛隊手帳とやらを購入。
普通の手帳機能の他に自衛隊の装備や各基地の連絡先、歴代防衛庁長官や統合幕僚会議議長、各幕僚長の一覧もありました。
結構便利かも♪

そうしてから再び車で忠海へ。
忠海は「ただのうみ」と読むそうです。
江田島から結構時間がかかってしまい、17時に出発する船には乗れませんでした。
結局、船の利用者用の駐車場に車をとめて一時間待ち、18時の船で大久野島に向かいました。
ちなみに、船の名前は「マリンラビット2号」
10分ちょっとで島の桟橋に到着。
バスが待っていたのでそれに乗り換えて宿舎まで。
すでにあたりは真っ暗でしたが宿舎の玄関前にはウサギが数羽♪

国民休暇村での晩ご飯は事前予約制。
私たちが頼んでおいたのは「たこづくし」のコース。
本当にタコばかり。
タコの刺身、唐揚げ、豆乳鍋、鉄板焼などなど。
目玉(?)は徳利を抱えて鉢巻をしたタコ。
大変美味しゅうございました。

食事を終えて、荷物から用意しておいたウサギのエサを取り出して宿舎の玄関前へ。
早速数羽のウサギが登場♪
エサをたくさん与える。
特に黒いちびっちゃいのにたくさん。
子供なので手のひらサイズ♪
臆病なのかあまり近くに寄ってこない。

しばしエサをあげて部屋へ。
さすがに寒い!!

翌日はウサギだらけ♪
ウサギ好きには本当に聖地ですよここは!!


以下は写真です。


06-02-07_11-28.jpg

これは大和ミュージアム…の裏側。
大和桟橋なる場所のほうから。


06-02-07_11-30.jpg

大和桟橋の先端から海を。
ここは大和の甲板の前半分(?)の左舷が床の模様で再現してあります。
先端に立つと物凄い風が…


06-02-07_11-31.jpg

大和の錨…だったかな?
もちろん再現したものですが。


06-02-07_11-35.jpg

これは大和ミュージアムの裏手に展示してあった深海探査艇その名も「しんかい」


06-02-07_11-35~00.jpg

こちらも同じく展示してあった水中翼船「きんせい」


06-02-07_11-37.jpg

大和桟橋の艦橋部分にあった説明プレート。


06-02-07_11-38.jpg

砲弾型の柵(?)
ここにあるからにはおそらく大和の主砲砲弾だと思われます。


06-02-07_11-44.jpg

これは大和ミュージアム入口脇にある戦艦「陸奥」の主砲。
呉軍港に沈んでいたのを引き上げたものだそうで。


06-02-07_11-46.jpg

同じく「陸奥」のスクリュー。


06-02-07_12-11.jpg

停泊中の潜水艦。
はっきりとは見えませんが乗組員が甲板に出て作業や引継ぎをしていました。
当然艦尾には日の丸がはためいています。
限界までズームしても携帯のカメラじゃこれが限界…


06-02-07_12-11~00.jpg

潜水艦桟橋。
立ち入り禁止です。
この脇から上の潜水艦の写真を撮りました。


06-02-07_13-18.jpg

これは現海上自衛隊第1術科学校内にある幹部候補生学校庁舎。
旧海軍兵学校生徒館。
これは外から眺めるだけでした。


06-02-07_14-28.jpg

こちらは教育参考館。
この中に東郷平八郎元帥、ネルソン提督、山本五十六元帥の遺髪室があります。
他にも貴重な資料がいっぱい。
建物の脇には特殊潜航艇が。
ちなみに、敷地内には戦艦「陸奥」の4番主砲砲塔が海に向けて設置してありました。


06-02-07_17-57.jpg

これがマリンラビット2号。
結構足の速い船で、エンジンを全部で3基搭載しているそうです。


06-02-07_17-58.jpg

マリンラビット2号の浮き輪。
「ッ」が足りないのはご愛嬌?


06-02-07_19-06.jpg

これが鉢巻締めて徳利抱えたタコ。

スポンサーサイト
  1. 2006/02/28(火) 23:57:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<うさぎ島 3 うさぎ祭 | ホーム | うさぎ島 1 広島編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theplough.blog15.fc2.com/tb.php/137-ba6e186c

呉 ホテル

呉☆観光で見つけた、いい観光! !観光好きのあなたへ。全国各地厳選!!その地域No1!!(だと著者が勝手に思っている^^)のホテル、旅館を紹介します。呉 ホテル のキーワードでNO1のホテル・旅館は呉ファーストホテルです2005/5/27  晴れ呉(呉線)徒歩6分! あ
  1. 2007/07/31(火) 06:03:57 |
  2. 広島観光日記

夢進


みやまん

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

セガストア
iconicon
iconicon
iconicon
セガ公式サイト

価格.com ブロードバンド
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。